部署紹介

部署紹介DEPARTMENT

美装部

2018年11月入社

矢部 可楠

自分のペースで仕事ができる。これが私に合っていました。

当社へは最初、派遣のパートとして勤めていました。それまではスーパーのアルバイトや、バーでの接客業などをしていたんです。美装の仕事はしたことがなくて、当初はただ単に、時間など働く条件が自分に合っていたから働き始めました。今までほかの仕事はどれもあまり長くは続かなかったのですが、この仕事は始めてから2年になります。私としては、長く続いているなという感じです。
長く続いている理由のひとつは、自分のペースで仕事ができること。現在は病院内で清掃業務を担当していて、1人ひとりに担当のフロアが割り当てられ、決められた時間内に作業を行います。作業をどの順番でこなしていくかなどは、すべて担当者の判断です。だから自分で1日のスケジュールを立てて、自分のペースで仕事ができる。これが、私に合っていました。もうひとつは、職場の雰囲気がすごくいいこと。いっしょに働くスタッフも明るい方ばかりで、みなさんもすごく優しく接してくれる。この仕事を続けていきたいなと思っていたときに、直接雇用のお話をいただきました。私でいいのか、まだ早いのではないかと思いましたが、ありがたいお話でしたのでお受けさせていただきました。

会社がスキルアップできる環境を作ってくれています。

入社前は清掃の仕事に、あまり具体的なイメージはありませんでした。ですが入ってみて、こんなに大事な仕事なんだと実感しました。とくに病院という環境は、清潔が第一です。衛生環境が悪いと、患者さんに悪影響を及ぼします。その環境を整えているのが私たちなんだと、使命感のようなものも感じています。清掃作業に関わらず、患者さんや病院スタッフの方からお礼の言葉をいただくこともよくあります。そのひと言がに自分が人の役に立っていることを感じられて、とてもうれしく思います。あの瞬間は、この仕事をやっていてよかったなと感じますね。毎日の仕事をしていくうえでは、できないことをできないままで終わらせないようにと心がけています。できなかったことも必ずできるようにと、努力の毎日です。これには私の力だけではなく、会社がスキルアップできる環境を作ってくれています。今後は清掃に関しての資格を取得していくつもりです。特にビルクリーニング技能士の資格は、社員になったら取得したいと思っていた資格のひとつです。当社には清掃機器が使える実技訓練室があるなど、資格取得を積極的にサポートしてくれますので、私も早く資格を取得したいと思っています。

今の環境は私を日々、成長させてくれています。それが、やりがい。

正社員になったことで、スタッフの管理なども任されるようになりました。それによって自分のなかに、より責任感が芽生えてきたと感じます。今はスタッフや新人のフォローも、私がしないといけません。最初は慣れない環境で不安だと思うので、私が先輩方にそうしていただいたように、積極的に声をかけたりして、安心して働ける環境作りをしています。お昼の休憩時間は、控室でパート社員といっしょにお弁当を食べているんです。そこでいろんなお話をしながら、仕事で気付いたことや不満などはないかを聞いて、改善点があれば上司とも相談して正すようにします。パート社員と正社員との間に距離ができてしまうと、互いに仕事がしにくくなりますので、気軽にコミュニケーションが取れる関係でいたいんです。今はそれが、分け隔てなくできています。正社員になって清掃業務以外に管理業務も増えましたが、どうしても手が及ばないときは別の社員が来て助けてくれるなど、チームワークもいいですよ。いっしょに働くメンバーも優しい人ばかりで、お話できる環境があるのは落ち着きます。実は人の管理などは苦手だったのですが、今の立場になって物怖じしなくなり、誰かに指示することもできるようになってきました。自分でも、たくましくなったなと思いますね。今の環境は私を日々、成長させてくれています。それが、やりがいにもなっています。

施設管理部

2015年4月入社

前田 凌

座学と現場研修、配属後も先輩の指導で成長させてもらいました。

高校は電気科に通っていました。当社を志望したのは、やってきたことが生かせるかなと思ったことと、自宅から近かったこと。それと学校の先生の勧めもあって、卒業してすぐに入社しました。現在はオフィスビルや住居施設、それに商業施設などの設備管理をしています。電気のことは高校で学んでいたのである程度はわかっていたのですが、入社当初はそれ以外のことはほとんど知識がありませんでした。
わからないことも多くあったので、最初は大変だろうなと思っていたんです。でも入社すると部署に配属される前に1ヶ月間の座学と、それを終えてから3ヶ月かけて現場で研修が行われました。今まで携わってこなかった水道や消防をはじめ、さまざまなことを座学と現場でしっかりと学ばせていただきましたし、配属後は先輩がOJTで指導してくれますので、徐々にその不安は解消されていきましたね。ほかの人もそうですが、現場でいろいろなことを体験して、独り立ちするのは入社してからだいだい1年くらいですね。

ひとりで現場を任され、責任感と同時にやりがいを感じています。

現在はひとりで10件程度の施設を管理し、巡回点検をしています。毎日の具体的な業務内容は貯水槽や消防、空調、配管など建物に付随する設備を2〜3名で手分けして点検します。小さい物件なら一日で2〜3件を巡りますし、大きな施設は一日1件ですね。この仕事で大変なのは、物件ごとに設備の仕様が異なることです。それぞれの設備の特徴や、決められたルールを覚えないといけません。最初のころはとにかく現場でメモをしていましたし、今も新しい施設に行くたびにメモに書き込んでいます。
今は工事をいちから任せてもらえるようになったので、見積もりを立てて、お願いする業者に発注するなどのスケジュール管理も自分で行っています。工事に入る前の工程管理やオーナーとのやり取りなど、担当物件はすべてを任せてもらっていますので、責任感を感じると同時に、すごくやりがいを感じています。工事は人がいるところで行うので、ケガなく安全第一が最優先。そのうえで各作業を正確かつ、手早く行うところが私たちの腕の見せ所。予定していた工期より早く終えられた際は達成感がありますし、オーナーらから感謝の言葉をいただくと、とてもうれしい気持ちになります。

部署のメンバーはみんな年上で可愛がってもらい、働きやすい環境です。

日常の業務と同時に、今は資格取得のための勉強も頑張っています。電気工事士の資格は入社してから取得しましたが、この仕事に関わる資格はほかにも建築物環境衛生管理技術者やボイラー技士、危険物取扱者など、たくさんあるんです。資格を取ればできる仕事の幅が広がるので、積極的に取得していきたいと思っています。当社では実技試験の練習をさせてもらえたり、業務時間とは別に資格取得のサポートを手厚くしてくれるので、とてもありがたいですね。ゆくゆくは合格率がひとケタの難関といわれる、電験三種(第三種電気主任技術者)の資格取得を目指します。
私が所属している部署のメンバーは、全員が年上です。お父さんどころか、おじいちゃんくらいの世代の先輩もいらっしゃいます。みなさん優しいですし、私はいちばん年下なので可愛がってもらっています。仕事終わりに、みんなで食事に行くこともよくありますよ。そこでは仕事の話題を含めて、いろいろな話をします。みなさん経験が豊富なので、とても勉強になります。また当社は福利厚生が充実していて、休みがしっかり取れることも、自分にとっては魅力です。お盆や年末年始はもちろん、まとまった日数の有給休暇もとれますので、旅行などにも行きやすい。仕事にやりがいがあって、職場の雰囲気も良く、福利厚生も充実している。だれにとっても当社は、すごく働きやすい環境だと思いますよ。

警備部

2019年3月入社

橘 裕太朗

人と関わるのが好きだから、警備の仕事を選びました。

当社に入社したのは、2019年の3月です。それまではサービス業でアルバイトをしていました。もともと、人と関わることが好きなんです。サービス業をしていたのも、それだから。警備の仕事は自分たちが安全を守ることで、人に安心を与えられ、信頼関係がより深まるのではないかと思い、そこに魅力を感じたんです。もっと人と密接に関わって、人の役に立ちたい。その思いから志望しました。
とはいえ、これまでに警備の仕事をしたことはありません。仕事のイメージも漠然と、交通誘導やイベントの警備とかなのかなと思っていました。ですが入社前に自分でいろいろと調べると、いろんな種類の警備がある。やはり人と密接に関われる仕事であることを知って、ぜひ警備の仕事に就きたいと思いました。
それまで警備の仕事は、だれかを陰で支えるイメージなのかなと思っていました。ですが実際に入社して仕事に携わると、思った以上に「ありがとう」などど感謝の言葉をかけてもらえる機会が多くあったんです。それはとてもうれしいことですし、人に安心を与えて信頼をしてもらえると、ここまで信頼関係を持てるんだと感激しました。

資格取得を会社が手厚くサポートしてくれます。

現在はある工場の重要施設が仕事場です。そこでは主に、施設に出入りする人の管理や、工場内の巡回警備をしています。入り口で身分証を確認して関係者であるか、そうでないかを判断するのは当たり前の業務。ですがそれを漫然と日々繰り返していると疎かになりかねません。そうならないために毎日、自分を律して取り組まないといけない。この仕事は当たり前のことを当たり前にやることが、とても大事だと感じています。
それに従業員の方からつねに見られている立場ですから、立ち姿からちゃんとしていないといけません。姿勢が悪いと、それだけで良くない印象を与えて信頼感を得られないでしょう。細かいことですが、姿勢も態度もしっかりしていれば、それが信頼につながります。勤務中はつねに、緊張感を途切れさせないように心掛けています。
また、警備の仕事には資格があります。私が今目指しているのは、施設警備2級。当社は資格試験の受験も積極的に支援してくれていて、試験に向けては会社が筆記試験の出題傾向をアドバイスしてくれたり、実技試験の指導などでサポートしてくれます。さらに試験当日は日当が出ますし、受験費用に試験会場までの交通費もすべて支給と、支援はとても手厚いです。資格取得とわかりやすい目標があれば、やりがいになりますし、頑張っていけます。

初めての警備業も充実の研修で安心。初心者も安心して働けます。

私は警備業が初めてでしたが、いきなり現場に出されるのではなく、最初は本社で基本的な法令や実技をしっかりと時間をかけて学んでから現場に行きます。AEDや自動火災報知器の取り扱いなども実技で習いました。現場に出てからはOJTで1ヶ月以上、先輩がついて指導してくれます。そこで経験豊富な先輩方に警備業の基礎から一般常識、言葉遣いまで教わりました。最初に基礎をしっかり学ぶことができたからこそ、初めての警備業にも安心して取り組むことができたんです。
実を言うと、初めてひとりで業務についたときはやはり少々の戸惑いはありました。ですが、それまでにしっかりとした研修を受けて、先輩にもご指導いただいていましたので、大きな不安を感じることはありませんでした。なにかあれば、周りがサポートしてくれる体制も整っています。私のように警備の仕事がまったく初めてでも、当社は安心して飛び込める環境であることは間違いありません。経験の有無などは気にせず、興味をお持ちでしたら、ぜひいっしょに働きましょう。

ENTRY

各職種にて応募をお選びいただけます。

  • 美装(清掃)応募

  • 施設管理応募

  • 警備応募